開業する際に

開業を応援するサービス

ラーメンは、日本のグルメの1つとして昔から愛されてきた食事です。時代とともに日本全国でもご当地の味が楽しめるようになり、その人気はますます盛り上がっています。そんな人気のあるラーメンは、開業する人たちが多くいます。特にラーメン好きが高じて、作り側になる人たちが目立つようになりました。行列ができるような人気店となれば、お店も繁盛していきます。そんな魅力から、開業を夢見る人たちがいるのです。しかし、開業するにはある程度の資金が必要です。一体何にいくら必要なのかを、まず勉強しなくてはいけません。また、できたら資金を抑えて、負担が重くならない程度にしたいという要望もあります。そんな要望を叶えてくれるのが、開業支援などのサービスです。独自のノウハウによる指導で、資金も極力抑えた方法を取っています。このようなサービスを利用すれば、ラーメン店の基礎から応用までを深く学べてお得に開業することができます。自分1人だけでなく、力強い味方となってくれるのです。

必要な資金を抑えていく方法

このラーメン店開業に必要な資金とは、初期投資額として最低でも1,500万円はかかります。これらの一部をローンで組んだとしても、経営しながらの月々の返済は重くのしかかる場合も考えられます。この必要な資金の内訳には、開業するための権利金や設備費に宣伝費などです。また、賃貸の場合は毎月の賃貸料や水道光熱費などもかかってきます。これらはどうしても必要な経費となるので、避けることはできません。しかし、開業支援サービスならば、この費用を極力抑えていくことができます。設備費を節約するために居抜き物件を利用したり、店舗のリフォーム費用のアドバイスなども行っています。このようなサービスで、通常の費用から500万円〜1,000万円は削減することができます。サービスにかかる費用はロイヤリティを設けている場合があり、それらがないところもあります。夢のラーメン店開業のためには、こういったサービスで賢く行っていくことが成功の秘訣ともなっています。